横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

     

ブログ一覧

 

2021/3/15  清めの塩、通夜

    日本に於きましてはご葬儀に関わる言葉として”清めの”との言葉がしばしば使用されます。 お清めの塩、お清めの席などですが、これは日本古来の宗教的習俗(しゅうぞく)に由来(ゆらい)します。 目次 1.k清めの塩 2.通夜、お清めの席 ...続きを読む

2021/3/14  還骨法要

    葬儀式後のご遺体は荼毘に付され、故人様の焼骨は骨壺にお納めして自宅に持ち帰り、後飾り壇に安置されます。 その時営む法要を還骨法要(かんこつほうよう)と言います。 還骨法要と初七日法要は本来異なる目的の法要ですが、現代の横浜では併せて営む形が一般的となっております。 横浜市営斎場をご...続きを読む

2021/3/13  開眼供養

    開眼供養とは仏教に於いて”仏の魂を向かい入れる儀礼(供養)”で、この儀式を営む事により初めて礼拝の対象となることが出来ます。 仏壇を新たに購入されたり、お墓を建てた際に、仏様の魂を入れ込むための供養です。 開眼式、開眼法要、入魂式などとも呼ばれます。 供養ですがお祝い事でも御座いま...続きを読む

2021/3/12  永代供養

    永代供養(えいたいくよう)とは、寺院が故人様の霊を永代にわたって供養する事をいいます。 古くは、寺院に然るべきお布施(ふせ)を寄贈(きぞう)しご遺族の有無やご意向にかかわりなく、故人様の霊を弔い続けて頂く事が可能でした。 現在の横浜など大都市では少子高齢化が進捗し、 ご遺族に迷惑を...続きを読む

2021/3/8  忌日別に営む行事

    日本文化の中に根ずいた死者追悼の精神は、日本古来の神道、インド発祥の仏教、中国より伝わった儒教が融合して作りあげられ、忌日の概念がうまれました。 忌日(きじつ)とは”忌(い)むべき日”のことで、故人様のご逝去され日のことを言います。 仏教に於いて忌日は命日ともいい、故人様がご逝去されて後...続きを読む

2021/2/28  エンバーミングとは

    ご家族様がごじみょうをまつとうされ、その御生涯(しょうがい)を閉じられた時、 故人様のの霊をお祀りすると共に、そのご遺体は早い機会に保全する為の処置を施さなければ成りません。 目次 1.ご遺体 2.ご遺体の保全、エンバーミング ...続きを読む

2021/2/26  後飾り壇とは

    通夜式、葬儀式が滞りなく執り行われた後に頂いた故人様の白木位牌をお祀りする祭壇を後飾り壇と言います。 目次 1.後飾り壇とは 2.忌中とは 1 後飾り壇とは 後飾り壇とは四十九日法要を営み終えるまでの間(忌中と言います)、...続きを読む

2021/2/23  横浜市港北区、ご不幸への支援

    横浜市港北区にお住まいのご家庭でご不幸がございましたら横浜市港北区役所より各種の支援を受ける事が出来ます。 目次 1.横浜市港北区 2.港北区役所での支援  1 横浜市港北区 横浜市港北区は、横浜市内北東部に位置し、”梅”...続きを読む

2021/2/22  教団 葬儀

    死者を見送る儀礼は人類の発生と共に営まれていたと考えられて居ります。 そして各地に文明が生まれ、宗教が起こり、お見送りの儀礼はそれぞれの宗教観に基ずいて営まれる事となりました。 同じ宗教観をもつ信者の集まりを教団と言います。 目次 1.教団とは  ...続きを読む

2021/2/19  葬儀 簡素化

    死者のお見送りを司るご葬儀の歴史は古く、人類が誕生して以来営まれていたと推定されます。 とはいえ、永らく儀礼をもつて見送られる死者は然るべき立場の人に限られておりました。 日本に於きましても、庶民の間で葬儀が営まれる様になるのは江戸時代以降です。 そして、葬儀の次第は時代の文化と共...続きを読む

2021/2/18  妊婦と葬儀式場

    ”子供は国の宝”と言われて居りますが、その子供の生命を育む妊婦様は大切な存在です。 妊婦様は自らの生命と新たな生命をを維持生長させる為、特別な注意がはらわれねばなりません。 葬儀、葬儀式場でも然るべき注意が必要となります。 目次 1.妊娠中の注意 ...続きを読む

2021/2/15  密葬と家族葬

    新型コロナウイルスの治療薬も明確にならず、世界各国でのワクチン投与も十分に行き渡らない現状では、 ご葬儀の営み方も大きく変化し、三密を避けた家族葬をご希望されるご葬家も多くなりました。 家族葬をを語る際に”密葬と同様のご葬儀”と言われる事もよくございますが、厳密には密葬と家族葬はその目的...続きを読む

2021/2/14  お子様とご葬儀

    ご葬儀を営まれる際にご家族のお子様をどうするのか、 或は、ご葬儀に参列される場合にお子様を連れてゆくべきかどうかをお悩みになるケースも多々あるかと思います。 以下に私見を書かせて頂きました。 目次 1.葬儀と子供 2.葬儀でのお子様の服装 ...続きを読む

2021/2/13  生命保険と受け取り(求償)の手続き

    ご家族のどなたかが亡くなられご葬儀を営みました後には、故人様が生命保険に加入されて居られたかの確認をします。 ご加入されていた場合は受取人が何方かを確認し、死亡保険金の支払い請求(求償、きゅうしょう)をします。 死亡保険金は 原則として請求しなければ受取れません。 請求の手続きは2...続きを読む

2021/2/12  家族 喪主

    今回は家族そして、ご家族に万一が起きた場合の喪主に付いて書かせて頂きました。 目次 1.家族 2.葬儀での喪主  1 家族 家族とは広辞苑によれば; 「夫婦の配偶関係や親子・兄弟の血縁関係によって結ばれた親族関係を基...続きを読む