横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

     

ブログ一覧

 

2022/8/6  横浜市民の葬儀・エンディング(終活)の準備

    生物にはすべからく生と死が存在します。 人は父母より生を与えられ、日々成長して人生を過ごし、そして死を迎えねばなりません。 人にとり、死は不可分の事柄であり、恐れる事柄でもありません。 そして、死を迎える為の準備もお元気なうちにすべきでしょう。 ご自身の死を迎える準備を、エ...続きを読む

2022/8/4  横浜市民の葬儀・労働災害でのご逝去

    故人様が勤務される会社での作業中の事故、あるいは通勤途上での事故により亡くなられた場合は、 労働災害として認定されれば、ご遺族様は定められた補償を受ける事が可能となります。 1 労災保険とは 労災保険は、労働者が労働災害により負傷した場合に、その治療費用を保障する為に設け...続きを読む

2022/8/3  横浜市民の葬儀・復氏、旧姓への変更

    現在の日本国内に於きまして、夫婦別姓論が高まりを見せて居りますが、 現状、日本国民法では夫婦同姓と定められて居ります。 但し、配偶者の方が亡くなられた場合、婚姻関係は自動的に解消される事と成ります。 そして、戸籍をそのままにして姓名を継続使用する事も、 復氏を届け出る事によ...続きを読む

2022/8/2  横浜市民の葬儀・公式書類の郵送入手

    お身内の方が不幸にして亡くなられ、ご葬儀が滞りなく営まれました後には  各種の必要な手続きをを行わなければ成りませんが、 手続きに必要とされる書類は、居住地、及び本籍地の市区町村役所で入手しなければ成りません。 居住地の役所に出向くのはあまり手間とは成りませんが、 本籍地が...続きを読む

2022/7/30  横浜市民の葬儀・葬儀後の手続きに必要な書類

    お身内の方が不幸にして亡くなられ、ご葬儀を営んだ後には各種の手続きを取る必要が御座います。 其々の手続きに必要とされる書類は、住民票、印鑑登録証明書、死亡診断書(写し)、 その他の書類が必要となりますが、 其々の手続きに必要な書類の枚数を確認して、まとめて入手しておくと便利です。...続きを読む

2022/7/29  横浜市民の葬儀・医療費控除

    医療費控除とは、税金を納める本人と、その扶養家族が  1月1日から12月31日までの1年間に高額の医療費を負担した場合、 指定された限度内で課税対象から控除出来る制度です。 その対象は、医療費等の実質負担費用の総額が10万円(所得総額が200万円未満の方は 所得総額×5%) ...続きを読む

2022/7/27  横浜市民の葬儀・故人様所得税の準確定申告

    7月27日は西瓜(すいか)の日とされて居ります。 スイカの縞模様を綱に見立て、27を「つ(2)な(7)」と読む語呂合せからさだめられました。 西瓜の日とは関わりありませんが、故人様の遺産管理事務として準確定申告が御座います。 1 準確定申告 所得税は1月1日より12...続きを読む

2022/7/25  横浜市民の葬儀・国民年金、厚生年金の手続き

    日本国内に於きましては、国民年金、厚生年金を中心として各種の年金制度が御座います。 故人様がこれらの年金を受給されて居られた場合は受給を停止する手続きをしなければ成りません。 国民年金は死後14日以内に、厚生年金は10日以内に支給停止を届け出ます。 支給停止の手続きに必要な書類は...続きを読む

2022/7/23  横浜市民の葬儀・生命保険加入者のお手続き

    ご家族が不幸にして亡くなられ、ご葬儀を執り行いました後には  故人様の生命保険への加入可否を確認し、その受取人を確認の上、死亡保険金の請求をします。 死亡保険金は、原則として請求しなければ受取れません。 請求の手続きは2年以内に行う必要が御座います。 又、保険契約の内容を確...続きを読む

2022/7/22  横浜市民の葬儀・高額医療費の請求

    高額医療費とは、負担された医療費総額が健康保険により定められた自己負担額を超えた分を指します。 故人様が生前に必要とした医療費が高額医療費に該当する場合は、 申請する事により健康保険から払い戻しを受ける事が出来ます。 高額医療費払い戻しの申請手続きは診療を受けた翌月1日から2年以...続きを読む

2022/7/20  横浜市民の葬儀・健康保険の手続き

    不幸にして御家族が亡くなられて場合、故人様は、 企業の健康保険組合、全国健康保険協会等、国民健康保険の何れかに加入されて居られましたので、 加入団体に故人様御逝去の連絡をし、保険証を返却し、所定の手続きをしなければ成りません。 又、健康保険組合・全国健康保険協会等に加入していた方...続きを読む

2022/7/18  横浜市民の葬儀・ご葬儀後の手続き(世帯主が亡くなられた場合)

     世帯主さまが亡くなられましたら 世帯主の変更、住居の賃貸契約の名義変更、公共料金の契約者の名義変更、、 自動振替口座の変更等を速やかに行わなければ成りません。 1 世帯主変更  ご葬儀を滞りなく執り行いました後には、故人様に関わる各種の手続きをしなければなりま...続きを読む

2022/7/17  横浜市民の葬儀・お彼岸

    お彼岸(ひがん)とは、季節の移り変わりを的確に掴む為に設けられた特別な暦日の一つで  ”暑さ寒さも彼岸まで”に示される日本の慣用句は、冬から春、秋から冬への変わり目を指します。 節分、杜白、八十八夜、入梅、半夏生、土用、二百十日、二百二十日を含めて雑節と呼ばれます。 春分の日、秋...続きを読む

2022/7/16  横浜市民の葬儀・お盆の行事

    日本では死者の霊を篤く弔う習慣が永い歴史の中で醸成されて参りました。 その主要な部分は故人様の命日に関わるものですが、命日とは関わらず弔う日の一つとしてお盆が御座います。 1 お盆 お盆は太陰暦である和暦(旧暦)の7月15日を中心に、祖先の霊をお祀りする行事で、 7...続きを読む

2022/7/10  横浜市民の葬儀・お墓参り

    お墓参りは、本来故人さまにご報告が有りましたら何時でも行って頂いて良い事ですが、 仏式であれば春秋のお彼岸、お盆、故人様の祥月命日、年忌法要、年末などに行います。 神式の場合は春秋のお彼岸、お盆、式年祭、故人様の祥月命日、 キリスト教の場合、カトリックでは故人様の命日と11月2日...続きを読む