横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

     

ブログ一覧

 

2018/11/23  葬儀横浜 葬儀への想い

    今回は葬儀横浜 葬儀への想いに付いて書かせて頂きました。  ご家族の方が亡くなられ、時を置かずして故人様のお見送りを段度らなければ成らない事は、容易な事では有りません。以前であれば 町内会の幹事や団地の管理組合など近隣の方々、或いは親族の中の然るべき方が その地域 もしくは一族古来の仕来りに...続きを読む

2018/11/22  葬儀横浜 葬儀社との打合せ

     今回は葬儀横浜 葬儀社との打合せに付いて書かせて頂きました。  ご葬儀を営むに当たりましては まずご葬儀の基本方針をお決め頂く必要が御座います。以前は 町内会や団地の管理組合に然るべき方が居られて、その方のお決め頂く基本方針に基ずいて、ご遺族・ご親族の方々はご葬儀を営む形が一般的でしたが、...続きを読む

2018/11/19  葬儀横浜 葬儀社への連絡

     今回は葬儀横浜 葬儀社への連絡に付いて書かせて頂きました。  ご家族の方がご臨終を迎えられたましたら その後を託す葬儀社にご連絡頂く必要が御座います。葬儀社をお決め頂いている場合はその葬儀社へ、突然の事で未定の場合は ネット検索等により葬儀社に問い合せて 然るべき葬儀社をお決め頂き、精神的...続きを読む

2018/11/18  葬儀横浜 ご遺体の安置

     今回は葬儀横浜 ご遺体の安置に付いて書かせて頂きました。  ご家族の方に 万一の事が起こった場合、まずはご遺体を安置しなければ成りません。仏式のご葬儀を前提としますと、ご遺体は然るべきお部屋に北枕で安置し、神棚をお備えの場合は その前面を白紙で覆います。そして ご遺体の枕元 もしくは胸元に...続きを読む

2018/11/16  葬儀横浜 ご遺体の清拭

     今回は葬儀横浜 ご遺体の清拭(せいしき)に付いて書かせて頂きました。  近親の方がご臨終を迎えられましたら、立会われた全ての方の手により 故人様に”末期の水”を捧げます。その後 担当してくれた看護師の手で ご遺体を消毒し、体液のもれを防止する処置を行い、着衣を整え、女性であれば 簡単な化粧...続きを読む

2018/11/15  葬儀横浜 臨終後の手続き

     今回は葬儀横浜 臨終後の手続きについて書かせて頂きました。  近親の方がご逝去された場合、そのご臨終の確定は 臨終に立会った担当医師による死亡診断書(事故の場合は死体検案書)の交付によって成されます。従いまして 死亡診断書が交付された後に ご遺体の移送につき手配をします。その後には 死亡診...続きを読む

2018/11/14  葬儀横浜 ご遺体の取扱い

     今回は葬儀横浜 ご遺体の取扱いに付いて書かせて頂きました。  ご家族が亡くなられ ご遺体を取り扱う際には 敬意を持って接するのは勿論ですが、公衆衛生上の観点もご注意頂く必要が御座います。ご遺族には 担当医師よりご逝去の死因と感染症の有無及び可能性が伝えられますので、ご遺体に接する際には 担...続きを読む

2018/11/13  葬儀横浜 死体検案書

     今回は葬儀横浜 死体検案書に付いて書かせて頂きました。  死体検案書とは 死者の死因が継続的に担当医師により診療中の病気を原因としていない場合に 監察医 若しくは警察が指定する医師により発行される、死亡を証明する為の書類です。掛り付けの医師を持たない場合の自然死、各種の事故死の場合は 死者...続きを読む

2018/11/12  葬儀横浜 死亡診断書

     今回は葬儀横浜 死亡診断書に付いて書かせて頂きました。  死亡診断書とは 継続的に診療を担当していた患者が診療中の原因により死亡した場合に 担当医師により発行される診断書です。死亡診断書は 加療を担当していた医師、歯科医師のみが発行可能となります。死亡診断書には 氏名、性別、生年月日、死亡...続きを読む

2018/11/11  葬儀横浜 脳死

     今回は葬儀横浜 脳死に付いて書かせて頂きました。  脳死とは 人の脳幹を含めた脳すべての機能が不可逆的に回復不可能な段階まで低下して回復不能と認められた状態のことをですが、国により 脳死の定義と、脳死を個体死とするか如何かは 判断が異なります。日本では 脳死を個体死とする旨の明記は法律上は...続きを読む

2018/11/10  葬儀横浜 死の判定

     今回は葬儀横浜 死の判定に付いて書かせて頂きました。  死とは 生命体がその生命活動を停止した事を指しますが、人間の死の定義に関しては 古くより様々な判定基準が存在しました。その判定基準は それぞれの地域の文化や習慣に根ざして居り、呼吸が停止した時は一般的ですが、爪や髪の伸びが止まった時、...続きを読む

2018/11/5  葬儀横浜 葬儀の歴史・現代の檀家制度

     今回は葬儀横浜 葬儀の歴史・現代の檀家制度に付いて書かせて頂きました。  葬儀の儀礼は 信仰されている宗教の下で営まれるのが基本であり、日本に於きましては 江戸時代を頂点として仏式で営まれるのが一般的でありました。現代に於きましても 日本で営まれる葬儀の90%は仏式です。しかしながら ご葬...続きを読む

2018/11/3  葬儀横浜 葬儀の歴史・現代の葬儀事情

     今回は葬儀横浜 葬儀の歴史・現代の葬儀事情に付いて書かせて頂きました。  現代では 葬儀という言葉に対する忌避感がほとんど無くなりました。以前では 自身の事ですら 葬儀を語る言葉は禁句と考えられて居りましたが、人口の核家族化と高齢化とが進捗する中で、葬儀を営む母体は 地域共同体から個人へと...続きを読む

2018/11/2  葬儀横浜 葬儀の歴史・現代の火葬

     今回は葬儀横浜 葬儀の歴史・現代の火葬に付いて書かせて頂きました。  日本に於いて火葬が始まった時期が何時かは 必ずしも明確では有りません。現状では 長崎県大村市の 竹松遺跡(弥生時代後期 2世紀頃)で発掘された、火葬による埋葬とみられる人骨が最古ですが、その前にも火葬が行われていたかもし...続きを読む

2018/10/31  葬儀横浜 葬儀の歴史・現代の葬儀

     今回は葬儀横浜 葬儀の歴史・現代の葬儀に付いて書かせて頂きました。  第二次世界大戦が終戦を迎え、その後の混乱期を乗り越えると、葬儀も落ち着いて営まれる様に成りました。その葬儀からは 葬列が組まれることがほとんど無くなり、通夜 葬儀式 告別式を2日間で営む形が一般的となり、更には 核家族に...続きを読む