横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

     

ブログ一覧

 

2022/7/9  横浜市民の葬儀・法要を営む

    日本民族は古代より死者の霊を敬虔に偲ぶ民族でしたが、仏教の伝来と共に追善供養は定型化され、 追善法要として現代の人々の心に定着する事と成りました。 1 法要とは 法要とは、仏教に於いて釈迦の教えを仏法と言いますが、その仏法の要点・肝要を知る事を指します。 その法要は...続きを読む

2022/7/8  横浜市民の葬儀・墓地と墓石

    ご家族様が不幸にしてご逝去され、お見送りの儀礼が滞りなく執り行われて後には 故人様のご遺骨を永遠に安置する為の墓地を用意する必要がございます。 1 墓地とは 墓地とは故人様のご遺体やご遺骨を納める墳墓を設ける区域を言います。 日本に於ける庶民の墓地は、古くは所有する...続きを読む

2022/7/4  横浜市民の葬儀・神道、キリスト教の自宅礼拝

    故人様の霊をご自宅でお祀りする祭壇として仏教では仏壇を設けますが、 神道では御霊舎を設けてお祀りします。 尚、キリスト教ではご自宅で故人様をお祀りする習慣は御座いませんが、 日本では仏式に倣い簡易な祭壇を設けて故人様を偲ぶご家庭も御座います。 1 神道の御霊舎 ...続きを読む

2022/7/3  横浜市民の葬儀・仏壇の知識

    仏檀とは、仏陀を祀る神聖な檀のことをさしました。 古代インドでは土を盛り檀を作って神聖な場所とし、御仏を祀りました。 その場への風雨を避ける為、屋根を設け、壁を設けて、やがては寺院となります。   日本へ仏教が伝来し多くの仏教寺院が建立されましたが、 平安時代後半から室町時...続きを読む

2022/7/2  横浜市民の葬儀・忌中、喪中の過ごし方

    日本に於きましては葬送に関わり、忌中(きちゅう)・喪中(もちゅう)と呼ばれる特別な期間が御座います。 近親者、極く親しい知人・友人、尊ぶべき方等の死に接して、 その死を悼む者が一定期間過ごす日常生活とは異なる儀礼的禁忌状態をさします。 忌服には、死の穢れの重い期間である”忌”、...続きを読む

2022/7/1  横浜市民の葬儀・納骨

    現代の横浜では、原則として故人様のご遺体は荼毘(だび、火葬)に付されます。 荼毘に付されたご遺体は焼骨へと変わりお骨壺に納められて、喪主様のお手元に戻されご自宅に安置されます。 そして、故人様のご遺骨はご遺族のご都合に合わせた然るべき時期に、しかるべき場所に埋葬される事と成ります。 ...続きを読む

2022/6/27  横浜市民の葬儀・香典返しと忌明け挨拶状

    現在の横浜市内で主として営まれて居ります仏教の葬送儀礼に於きましては、 葬儀式を終えた後の主要な儀礼が四十九日法要となります。 四十九日法要を営み終えますとご遺族様は忌明けとなり、お世話になった方々に対して忌明け挨拶状を用意し、 頂いたお香奠(こうでん、香典とも書きます)に対する...続きを読む

2022/6/26  横浜市民の葬儀・ご葬儀後の事務処理

    ご葬儀が終りましたら、喪主・ご遺族様は事務の引き継ぎ、寺院・神社・教会への謝礼、葬儀社への支払い、 お世話になった方々への挨拶回り等を行わなければ成りません。 1 事務の引継ぎ ご葬儀が終りましたら、世話役やお手伝いの方にお願いしていた葬儀事務の引継ぎを速やかに行います。...続きを読む

2022/6/25  横浜市民の葬儀・キリスト教の葬儀(プロテスタント)

    現在の横浜で営まれるご葬儀の95%は仏式で執り行われて居りますが、 キリスト教の敬虔な信徒の方も居られ、特に御元気な頃の生活地から離れた場所で療養されたケースなどでは、 牧師様の紹介依頼を受ける場合も時として御座います。 葬儀に於ける儀礼は、それを営む方達の死生観・宗教観が深く反...続きを読む

2022/6/23  横浜市民の葬儀・キリスト教の葬儀(カトリック)

    近年の横浜では婚礼は神式からキリスト教式へと大きく変化して参りましたが、 ご葬儀に於きましては1%前後と非常に少ないのが実体です。 キリスト教の教義では死は命の終わりではなく、招天・あるいは帰天と言われ、 神の下に召される記念すべき事であり、地上で犯した罪が許され永遠の安息が与え...続きを読む

2022/6/22  横浜市民の葬儀・神道の葬儀(神葬祭)

    神葬祭(しんそうさい)は日本に古来から伝わる日本特有の宗教である神道によるご葬儀を言います。 全国的に統一された式次第(祭式)が有る訳では有りません。 神道は日本古来の自然崇拝・祖先崇拝を基調として自然発生的に生まれた民俗信仰だからです。 従いまして、地域によって、神社によって、...続きを読む

2022/6/20  横浜市民の葬儀・神式の通夜

    神式の通夜・葬儀は、枕直しの儀、納棺の儀、通夜祭・遷霊祭(せんれいさい、仏式の通夜式)、 直会(なおらい、お清めの席)、 葬場祭(仏式の葬儀・告別式)、火葬祭、埋葬祭、帰家祭、直会(精進落とし)、 御霊祭(法要)の流れで営まれます。 その特徴は、仏式の戒名・法名に代わり諡号...続きを読む

2022/6/18  横浜市民の葬儀・遺骨迎えと初七日法要

    故人様のお柩を出棺された後、ご葬家のご自宅に残られた方々は ご遺骨お迎えと初七日法要の準備をして待機します。 ご火葬から戻られた方々の為のお浄めの手洗い水やお浄めの塩を入口に準備し、 ご遺骨安置の為の後飾り壇を設営し、初七日法要、そしてその後の精進落としの宴を準備します。 ...続きを読む

2022/6/17  横浜市民の葬儀・お骨上げ

    お骨上げとは、故人様ご遺体のご火葬(荼毘 だびとも言います)が終りました後に、 残された焼骨を拾い、お骨壺に納める事を言います。 拾骨(しゅうこつ)とも言います。 1 お骨上げ 横浜市内には横浜市営の火葬場が4ヶ所、私営の火葬場は1ヶ所あり、市民の方のお見送りを担っ...続きを読む

2022/6/15  横浜市民の葬儀・ご火葬

    現代の横浜に於きまして、ご遺体は荼毘(だび)に付すのが一般的となって居ります。 荼毘とは仏教の用語でご遺体を火葬に付す事を言います。 その理由としては公衆衛生上の観点、埋葬する際の場所の問題、宗教上の観点等が考えられます。 又、ご火葬に際しては法律上の規制も御座いますので注意が必...続きを読む