横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

     

ブログ一覧

 

2019/3/22  グリーフケアとは

     今回はグリーフケアに付いて書かせて頂きました。  グリーフケアとは 死別の悲嘆に対する介護の事で、大切な方を亡くされたご遺族は、故人様との別れのつらさや、環境の急激な変化に戸惑い、御自身の心は傷ついています。この傷を癒す為のケアを意味します。納得の行く ご葬儀の施行は グリーフケアの一つで...続きを読む

2019/3/22  死の判定

     今回は死の判定に付いて書かせて頂きました。  死の判定は 現在の日本の法律に於いては 医師のみが判定する事を許されて居りますが、古くは 宗教、哲学、神学などで 死の判定や定義を扱って居り、その地域、文化、時代、分野などにより様々な解釈が存在しました。死とは 命が亡くなる事、生命が亡くなる事...続きを読む

2019/3/22  脳死とは

     今回は脳死について書かせて頂きました。  脳死とは 腦の全ての機能が回復不可能な段階まで低下し、回復不能と認められる状態の事で、その判定は 脳死判定の経験を持つ 2名以上の医師により行います。判定は2回行われ、1回目の判定の後、6時間後に2回目の判定を行い、二回目の判定終了時刻が死亡時刻と...続きを読む

2019/3/22  逆さごととは

     今回は逆さごとに付いて書かせて頂きました。  逆さごととは 私どもが生活する現世(娑婆)と死後の世界はあべこべになっているという習俗を前提とした 葬儀に於けれ日本の風習で、逆さ屏風、逆さ水、逆さ足袋、逆さ着物、左前等があります。又 現世が昼の時は 来世は夜間である という習俗は世界の多くの...続きを読む

2019/3/22  ご遺体を安置する

     今回はご遺体の安置に付いて書かせて頂きました。  御家族が亡くなられ、ご遺体をご自宅に安置される場合 まず 神棚を白紙で覆い、お布団を敷いてご遺体を北枕に安置し、ご遺体保全の為のドライアイスをお当てします。神式であれば 枕元に白木でできた八脚の台(案とも言います)をそなえ、その上に燭台と榊...続きを読む

2019/3/22  葬儀と告別式

     今回は葬儀と告別式に付いて書かせて頂きました。  現代では 葬儀式と告別式は一体と理解される事がしばしばで、色々な制約条件から45分の間で 葬儀式と告別式を行うことが一般的となり、その違いが判然としなくなって居ります。本来 葬儀式は 故人様をこの世から あの世に引き渡す 宗教的儀礼であり、...続きを読む

2019/3/22  法要を営む

     今回は法要に付いて書かせて頂きました。  法要とは 仏教に於ける 儀式・祭礼などの行事全般を言いますが、私共 社会の中では 故人様を弔う儀式を指す様になって居ります。元来の法要とは 仏教に於いて 釈尊の教え(仏法)を学ぶ事、すなわち 仏法の要点を知る事でした。ちなみに 故人様の冥福...続きを読む

2019/3/22  忌中の心得

     今回は忌中(きちゅう)について書かせて頂きました。  忌中とは 仏教の教えで 中陰(ちゅういん)或いは中有(ちゅうう)とも言い、故人様がご逝去された日を含めて四十九日の間を指します。死の穢れが最っとも強い期間で、ご遺族の方々は 祭りごと等えの参加を控え、謹慎して家にこもり、肉や魚等の生きも...続きを読む

2019/3/22  喪中の心得

     今回は喪中に付いて書かせて頂きました。  喪とは 近親者、極く親しい知人・友人、尊ぶべき方等の 死に接して、その死を悼む者が 一定期間 過ごす 日常生活とは異なる儀礼的禁忌状態をさします。喪の状態に身を置く事を 喪に服する、服喪などと言い、喪の最中である事を 喪中と言います。喪に服する期間...続きを読む

2019/3/22  彼岸とは

     今回はお彼岸(ひがん)に付いて書かせて頂きました。  お彼岸とは 季節の移り変わりを的確に掴む為に設けられた 特別な暦日の一つで ”暑さ寒さも彼岸まで”に示されように、冬から春、秋から冬への変わり目を指します。節分、杜白、八十八夜、入梅、半夏生、土用、二百十日、二百二十日を含めて雑節と呼ば...続きを読む

2019/3/22  お盆とは

     今回はお盆に付いて書かせて頂きました。  お盆は 太陰暦である和暦(旧暦)の7月15日を中心に、祖先の霊をお祀りする行事で、7月13日に迎え火を焚いて 先祖の霊を迎え、15日を中元として 先祖をお祀りし、16日に送り火を焚いて 浄土へお送りします。横浜では新暦の7月15日をお盆として居りま...続きを読む

2019/3/22  死亡記事の出稿

     今回は死亡記事に付いて書かせて頂きました。  死亡記事とは 新聞による 故人様の死亡を告知するものです。一般的には故人様のご逝去を新聞社に連絡すると、新聞社では掲載の可否を担当者が判断して、特定の欄に記事としてのせられます。又 死亡記事の他に 死亡広告という告知方法もあり、これは特定スペー...続きを読む

2019/3/22  香典とは

     今回は香典に付いて書かせて頂きました。  香典とは 本来は香奠と書き、仏式の葬儀や法要に於いて 故人様の霊前にお香(線香)を供える事を意味しました。香は線香であり、奠は霊前に供える事を意味します。現在では 香に代わる金品ということから 香典、あるいは香料となりました。香奠には 金銭香奠と食...続きを読む

2019/3/22  返礼品の準備

     今回は返礼品に付いて書かせて頂きました。  返礼品とは 葬儀や法事のお手伝いを頂いた方や 参列者に振舞う品物の事で、他者に布施をすることによって仏に徳を積みこれを故人様に振り向ける 為のもので 供養の為の品ということから 供養品とも呼ばれます。返礼品には 通夜返礼品、会葬返礼品、香典返し、...続きを読む

2019/3/22  葬儀の祭壇

     今回は葬儀の祭壇に付いて書かせて頂きました。  葬儀の祭壇は 宗教儀礼を前提として葬儀を営むのであれば、仏教の場合は仏様、神道やキリスト教の場合は神様を中心として組まなければ成りません。他方 告別式の祭壇は 故人様を中心として組む必要が有ります。現代の葬儀では 葬儀と告別式を一定時間内に執...続きを読む