横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

     

ブログ一覧

 

2015/5/2  鎌倉仏教 浄土真宗

     今回は鎌倉仏教 浄土真宗に付いて書かせて頂きました。  浄土真宗は 鎌倉仏教の宗派の一つで 法然上人に師事した親鸞を宗祖とし、阿弥陀如来の本願によって与えられる名号 ”南無阿弥陀佛” を浄土門の真実の教え 浄土真宗(浄土を顕かにする真実の教え) であるとし、本願を信じ念仏申さば仏になる と...続きを読む

2015/4/30  鎌倉仏教と浄土宗

     今回は鎌倉仏教と浄土宗に付いて書かせて頂きました。  奈良時代に中国より日本に伝来した仏教は 天皇家や貴族階級の庇護を受けて奈良・平安時代と繁栄してきましたが、一般民衆に広がることは有りませんでした。そのカラを破ったのが 比叡山の学僧であった法然上人が起した浄土宗であり、それに続く親鸞の浄...続きを読む

2015/4/21  神道の参拝

     今回は神道に於ける参拝に付いて書かせて頂きました。  神道は日本古来の宗教で、民俗信仰や自然信仰を基にし、天地に存在する自然や自然現象 神話に残る祖霊 怨念を残して死んだ者 などの中に神を見出した 八百万の神を持つ多神教です。その神と人や社会を取り結ぶ作法は祭祀であり、その祭祀を行う神聖な...続きを読む

2015/4/16  葬儀の習俗その2

     今回も葬儀の習俗に付いて書かせて頂きました。  日本に於ける 葬儀の習俗の中で 死装束、喪服、お清めの席、拾骨についてです。  死装束は 埋葬 或いは火葬をされる前に 故人様にお着せする衣服を指しますが、仏教では 仏弟子と成られた故人様が 修行を行う為の修行着であると共に、西方の極楽...続きを読む

2015/3/24  数珠

     今回は数珠(じゅず)について書かせて頂きました。  数珠とは 108個の珠(たま)の中心に穴をあけ、この穴に糸の束を通して 輪にしたもので、仏教では法具と呼ばれます。一般的には 仏事や法要の際に、仏・菩薩・故人様の霊位などに礼拝をする時、合掌した手の親指と人指し指の間にかけます。合掌時以外...続きを読む

2015/3/20  戒名

     今回は戒名に付いて書かせて頂きました。  戒名とは 仏教教団に入門し その戒律を守る事を誓った者に与えられる名前です。本来は 戒を授けられ 出家した僧侶にのみ与えられるものでした。その後 出家しない在家の檀信徒でも 授戒会の参加して戒を受ける事により、仏法に帰依した者として戒名が与えられる...続きを読む

2015/3/10  告別の方法(その2)

     今回も告別の方法に付いて書かせて頂きました。  通夜、葬儀、告別式で 故人様と最後のお別れをする際、仏式であればご焼香、キリスト教や無宗教葬であれば生花の献花、神道であれば玉串拝礼が一般的です。今回は 生花の献花 及び 玉串拝礼の作法に付いて書かせて頂きます。  生花の献花は 無宗教...続きを読む

2015/3/9  告別の方法

     今回は告別の方法に付いて書かせて頂きました。  通夜、葬儀、告別式で故人様とお別れをする際、仏式であればご焼香、神式であれば玉串拝礼、キリスト教や無宗教式であれば献花が一般的でありますが、必ずしも固定概念に捉われる必要は有りません。キリスト教でも カトリック教会やルーテル教会では焼香も認め...続きを読む

2015/2/22  出棺

     今回は出棺に付いて書かせて頂きました。  告別式が終りますと、司会者より ”最後のお別れ の準備をさせて頂きます、皆様 別室でお待ち願います。”のアナウンスを受け 全員 式場より退出します。式場内では葬儀社の手で 柩を祭壇からおろし、頭を北に向けて安置し、その後 最後のお別れ、別れ花、遺品...続きを読む

2015/2/20  葬儀と告別式

     今回は葬儀と告別式に付いて書かせて頂きました。  葬儀とは 古くから行われて来た宗教的儀式で、故人様を現世とは異なる世界にお送りする と共に残された人々が故人様の死を受け止める援助をする為の儀式でも有ります。従いまして その形式は 故人様とご葬家の死生観や宗教観が深く反映されたものでなけれ...続きを読む

2015/2/14  遺体保全

     今回はご遺体の保全処置に付いて書かせて頂きました。  人は 生命活動を停止しますと そのご遺体は腐敗が始まり、外形的にも変化して参ります。ご逝去されてから ご火葬に付すまでの間、ご遺体の腐敗を遅延させ、外形的変化を抑制する為に保全処置を施さねば成りません。その為に エンジェルケア、エンバー...続きを読む

2015/2/11  死装束

     今回は死装束(しにしょうぞく)に付いて書かせて頂きました。  死に装束とは 古来 死を覚悟した者が着用する白を基調とした衣服を指しますが、現代の日本では 故人さまに対し施される衣裳を指します。仏式のお見送りに際し 故人様が仏の世界、浄土へ旅する為の装いとなります。但し 死出の旅を説かない ...続きを読む

2015/2/10  喪中

     今回は喪中に付いて書かせて頂きました。  喪中とは 喪の期間の中に身を置いている事を示します。古来の日本では 死は穢れの一種であるとして、死に関与した者は 一定の期間 穢れを他の者え移さぬ様 他者との接触を避け、慶事の外に身を置くこととしました。喪の期間内には 忌の期間(最長50日)と 服...続きを読む

2015/2/7  忌中

     今回は忌中(きちゅう)に付いて書かせて頂きました。  忌中とは 日本では古くから ”死は穢れたもの” と考えられ、近親者が亡くなったとき、その穢れを 祝いの場などにに持ち込まない様 外出を控え、社交的な行動を避けて身を慎む期間とされます。又 この期間には殺生をしては成りませんので、魚や肉を...続きを読む

2015/1/20  葬儀の打ち合わせ2

     今回は葬儀の打ち合わせ2に付いて書かせて頂きました。  ご葬儀をお手伝いさせて頂くに当たりましては まず基本方針をお決め頂く必要が御座います。そして その方針は故人さまの遺志に沿うかたちでお考え頂いては如何でしょうか。喪主様、葬儀の宗旨、会葬者への対応等 故人さまの生前のお言葉をひも解いて...続きを読む