横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

     

ブログ一覧

 

2013/4/29  葬儀の豆知識 社葬(団体葬)企画書 全体概要 その2

    今回は前回の全体概要の続きを書かせて頂きます。 6 告別式次第 (10;00-11;15予定)  6-1開会時     葬列(葬儀委員長、喪主=ご位牌、令夫人、後次男=ご遺骨、ご家族)入場     BGM;葬送行進曲  6-2葬儀委員長 式辞  6-3追悼 VT...続きを読む

2013/4/27  葬儀の豆知識 社葬(団体葬)企画書 全体概要

     今回は前回の方針を基にした全体概要に付いて書いてみます。  表紙        ○○株式会社         代表取締役社長 故 ○○ ○○ 社葬             施行概要書       日時;2013年5月10日(金)10時より       会場;○...続きを読む

2013/4/26  葬儀の豆知識 社葬(団体葬)の企画書

     今回は社葬(団体葬)の企画書に付いて書いてみました。  社葬(団体葬)などの大型葬を執り行う場合はマニアルの作成が必須条件となります。その理由を以下に述べてみました。  1 他企業、団体との共同作業になりますので 相互の意思疎通確認の為。  2 多くの人が葬儀に携わりますので、...続きを読む

2013/4/25  葬儀の豆知識 社葬(団体葬)の組織

     今回は社葬(団体葬)を運営する組織に付いて書かせて頂きます。  前回にも述べましたが社葬(団体葬)は企業(団体)がそのステータスを社会に示す重要なイヴェントでありその運営に当っては遺漏の無い様 施主として全社を挙げて執り行わなければなりません。 その為に必要な組織とその役割は以下の通...続きを読む

2013/4/24  葬儀の豆知識 社葬(団体葬)取扱規定

    今回も社葬(団体葬)に付いて書かせて頂きました。  社葬は 故人への哀悼という本来の目的とともに、企業にとって大きな意義をもつイヴェントであります。企業の信頼性を広く知らしめる効果的な社外広報であると共に、企業の結束を高める為の場ともなります。  社葬(団体葬)は企業(団体)が費用を負...続きを読む

2013/4/23  葬儀の豆知識 合同葬

     今回も前回に引き続き社葬に付いて書かせて頂きます。  社葬を複数の企業、或るいは企業と団体が共同で執り行う葬儀を”合同葬”といいます。例えば 故人さまが複数の会社の社長であった場合、あるいはA会社の社長であると共にB協会の会長をお勤めの場合 A 会社とB協会が共同で葬儀の費用と運営を負担す...続きを読む

2013/4/22  葬儀の豆知識 社葬(団体葬)とは

     今回は社葬に付いて書かせて頂きます。  社葬あるいは団体葬は規模による区別では有りません。葬儀の費用を負担し、その運営を会社(団体)が執り行うのであれば 規模の大小に係わらず社葬(団体葬)となります。つまり 社葬と個人葬の区別は 葬儀費用の負担、及び運営責任の主体が個人(遺族)であれば個人...続きを読む

2013/4/20  葬儀の豆知識 法事

     今回は法事の営み方について書かせていただきます。  ご法要では僧侶に読経をして頂き、式の終了後には会食の席(お斎)を設けて僧侶とご招待客をもてなします。ご列席頂く方に失礼の無い様 早めの準備をしたいものです。準備の手順は以下の通りです。  1 日程    年忌法要は原則として祥...続きを読む

2013/4/17  葬儀の豆知識 十王信仰

     今回は法要が何故必要なのか、その基本となる十王信仰に付いて書きました。  十王信仰は仏教が中国に伝わり道教との習合の過程で作られ、成立した信仰であります。人間をはじめとする衆生は、余程の善人か悪人で無い限り、没後に中陰と呼ばれる存在となり 初七日から三回忌まで間に十人の王によって裁かれ天国...続きを読む

2013/4/16  葬儀の豆知識 法要

     前回は四十九日に付いて書かせて頂きましたが今回は法要に付いてです。  法要の本来意味する処は釈迦の教え(仏法)を知る事ですが、しだいに法事、仏事、法会など仏教寺院の行事一般の事を言う様になりました。更に現在では死者を弔う儀式(追善供養、逆修供養)を指すようになりました。法事、仏事とも言いま...続きを読む

2013/4/15  葬儀の豆知識 四十九日

     今回は死者供養の法要の中でも色々な意味を持つ四十九日に付いて書いて見ました。  死者供養の為の仏事は日本に於いて15仏事となりました。まず 仏教発祥の地 インドに於ける七仏事(初七日、二七日、三七日、四七日、五七日、六七日、七七日)を起源とし 中国に伝わり、百ヶ日、一周忌、三回忌が加わって...続きを読む

2013/4/13  葬儀の豆知識 グリーフワーク

     今回はグリーフワークに付いて書かせて頂きます。  近年 グリーフワーク、あるいはグリーフケアと言われる機能が葬儀の機能の一つとして注目されて居ります。その意味する処は グリーフワークは一般的には”喪の作業”あるいは”悲哀の作業”と訳されて居りますが グリーフとは普通でない悲しみ、即ち身近な...続きを読む

2013/3/29  葬儀の豆知識 ご危篤のご連絡

     今回はお身内の方が危篤になられた際のご連絡に付いて書かせて頂きます。  お身内の方の担当医師より’親しい方々へのご連絡を”と診断された際について箇条書きさせていただきます。 まず ご危篤になられた方がキリスト教に帰依されている場合は所属される教会に連絡を入れ、臨終の祈りをお願いします...続きを読む

2013/3/27  葬儀に豆知識 生前予約

     今回は生前予約に付いて書いてみました。  生前予約とは葬儀に付いて本人が生前に契約を結んでおく事です。この考え方は1990年代初めに米国より入って参りました。プレニードと呼ばれる生前契約の内容は下記の二点を主なものとしております;  葬儀の内容の取り決め。 葬儀の費用の支払い方法を定...続きを読む

2013/3/26  葬儀の豆知識 日本の習俗

     今回は葬儀に係わる習俗に付いて書いてみました。  魂呼び、食い別れも日本の習俗の一つですが、以外にも耳塞ぎ、歳違え、犬はじき、息つき竹などが有ります。  耳塞ぎ; 身近の方が亡くなったとき、故人様と同年齢である方は死の穢れに染まりやすいということで、これを避ける為の習俗です...続きを読む