葬儀に生花祭壇を-故人様の旅立ちを彩るひかりの杜の生花祭壇-

 ひかりの杜では火葬のみの葬儀から、ご親族だけで行う家族葬、通常の一般葬まで様々形式に対応できる最新設備とシステムを備えています。

宗派も仏式だけでなく、キリスト教など様々な宗派に対応可能です。

 近年の葬儀では棺や遺影のまわりを生花で飾る生花祭壇をご希望される方が増えています。
生前、故人様が好まれた花で、故人様を連想させるデザインで葬儀を執り行いたいとよくご依頼を頂きます。

 ひかりの杜ではそういった要望もご遺族様のご希望通りの祭壇をご用意することが可能です。
横浜で葬儀の際はひかりの杜へご相談ください。

生花祭壇事例

※画像をクリックすると大きな画像がご覧頂けます

葬儀の生花祭壇事例01 葬儀の生花祭壇事例02 葬儀の生花祭壇事例03 葬儀の生花祭壇事例04 葬儀の生花祭壇事例05 葬儀の生花祭壇事例10 葬儀の生花祭壇事例11 葬儀の生花祭壇事例12 葬儀の生花祭壇事例06 葬儀の生花祭壇事例07 葬儀の生花祭壇事例08 葬儀の生花祭壇事例09

葬儀横浜 相続財産の評価方法

 今回は葬儀横浜 相続財産の評価方法に付いて書かせて頂きました。

 

 遺産相続は 故人様のご逝去と共に開始されますが、遺言書の確認、遺産の調査、そして 相続財産の評価を行わなければ成りません。相続財産の評価は 国税庁が作成・公表して居ります ”財産評価基本通達”を基に評価しなければ成りません。相続財産の総額は 相続財産の評価総額ー債務・葬儀費用・その他の経費、により確定します。

 

 相続財産の評価方法は以下のとおりです;

1 宅地;市街地の宅地 路線価方式 路線価×面積。

     郊外や農村部の宅地 倍率方式 固定資産税評価額×国税局長が定める倍率

     尚 小規模宅地等に付いては特例があります。

2 借地権;土地の評価額×借地権割合。

3 建物;固定資産税評価額。        

4 マンション;建物は占有面積による固定資産税評価額、土地はマンション全体の敷地面積の評価額×持分の割合。

5 預貯金;銀行の普通預金など 利息が低く貯蓄性の低いものは相続開始日の残高。

      銀行の定期預金など 利率が高く貯蓄性の高いものは 預金高+(既経過利息ー源泉徴収税額)。

6 株式;相続開始日の終値と相続が開始された月以前3ヶ月間の毎日の終値の各月平均額のうちの 最も低い額。

7 自動車・家財;相続開始日に 同じ状態のものを購入しようとした場合の価額。家財は一個 又は一組ごとに評価するのが原則ですが、一個または一組の価額が5万円以下のものは 家財道具一式50万円 などのように一括で評価することもできます。

8 書画・骨董;類似品の売買実例価額や専門家の意見などを参考に評価。


 相続人が被相続人の債務(借入金、買掛金、未納の税金、その他)を承継したり、非相続人の葬儀費用を負担した場合は 相続財産から差し引いて(債務控除)相続税を計算します。


   今回は以上です。

▲このページのトップに戻る