横浜で葬儀のお布施・お寺でお悩みの方はひかりの杜へ

近年の葬儀事情
最近では、菩提寺(檀家寺)も持たないで無宗教のお客様も
たくさんいらっしゃいます。
しかし、お客様によってはお葬式だけお経をあげてもらいたい。
という要望が多いのです。
そこで、ひかりの杜では様々な宗派のお坊さんにお力を借りてわかば会≠発足し、大切な故人様の御霊へ導師としてお勤めいただく僧侶をご紹介させて頂いております。
ひかりの杜独自のお布施料金プラン
火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン
※火葬儀プランでは通夜・告別式を行わないため、式中読教はありません
※お布施のほかに交通費・お膳料が各5,000円ずつ掛かります

既に葬儀を他社で終えられた方へ

既に他社でご葬儀を終えられていても、法事などで僧侶の派遣が必要な方はご連絡ください。
(お寺をお持ちでない方や、無宗教の方)
葬儀のお布施

そもそもお布施とは

お布施とは僧侶にお渡しするお礼のことを指します。
このお礼とは、戒名を頂いたとき、読経して頂いたときなどにお渡しします。
通常、お礼の料金は各宗教などによって違いがあり、公開されていませんが、ひかりの杜では、お寺のご協力を頂いて、料金を公開させていただいております。

俗名と戒名

現在でいう戒名とは、死後に与えられる名前ですが、本来の意味は仏門に入った証として与えられる名前でした。
また、宗教によっては戒名ではなく、「法名」と呼ばれたり、「法号」などと呼ばれることもあります。

現在では、お葬式の時によく耳にする単語ですので、死後に与えられる名前であると誤解されている事もありますが、生前でも戒名を頂くことはできます。
これに対し俗名とは、現在使用している氏名のことを指します。
最近では、戒名を頂かず、俗名のまま葬儀を行う方もいらっしゃいます。
わかば会とは
わかば会 僧侶より
最近ではインターネットなどで低価格でお坊さんの依頼が出来るシステムがありますが実際には、その場しのぎのお付き合いでいずれ訪れる七七日(四十九日)法要にまたお墓にお坊さんを手配しなくてはならないのが現実としてあるようです。
そこでわかば会≠ニしては本来、上記で納めさせて頂くお布施には戒名・式のお経・火葬炉前でのお経初七日のお経などが含まれているのですが、
そこで葬儀からがお付き合いの始まり≠ニいう理念のもと
七七日法要までを含んだ料金にさせて頂いております。他では真似の出来ない葬儀後も納得の安心サポート。
▲このページのトップに戻る